◆ Titanium Beater(Titanium-alloy shaft with Titanium,aluminum-alloy,
urethane, felt, wood and rubber head)

チタン合金シャフトは鉄製より重量が半分。かつ強度が倍以上。さらにシャフトにしなりがある。
シャフトをチタン合金に変えると、足への負担を大幅に緩和し、フットワークコントロールがしやすくなります。またそのパワーを引き出す3種類の形状のウレタン樹脂ビーターがあり、いずれも粒立ちのある芯の太い強烈なアタックを引き出します。

 
打面のアールが最も強いR-35は、立ち上がりが早くヘッドをストレートに鳴らす芯の太い音。R-350は中間的なサウンドで、R-35よりアタックが強くなりパワーが増します。打面が平らなR-3500は最もパワーがあります。また、新商品のKINGは重低音炸裂。なお、最新のビーターにはヘッドがチタンのオールチタンビーターがあります。





球面ヘッド
(NOT フラッドヘッド


アタックより胴鳴り重視の方・・


Aluminum-Head Beater A-1R

ALL Titanium Beater R-1






Model price
K-BTI A-1R \ 12,000
(税抜)


Model price
K-BTI R-1 \ 19,000
(税抜)


フラッドヘッド


Aluminum-Head Beater A-1


ALLTitanium Beater F-1









Model price
K-BTI A-1 \ 12,000
(税抜)


Model price
K-BTI F-1 \ 19,000
(税抜)




ウレタンヘッド
KING F3500

重低音炸裂・・・







Model price
K-BTI KG \ 9,500 (税抜)



Model price
K-BTI F3500 \ 9,500 (税抜)







Model 右から price
K-BTI R35 タイトカーブ \9,500(税抜)
K-BTI R350 ミディアムカーブ
K-BTI R3500 フラッド








Model 左から price
K-BTI TUH ウレタン \9,500
(税抜)
K-BTI TFHN フェルト
K-BTI TFH フェルト


Model 右から price
K-BTI TFL フェルト \9,500
(税抜)
K-BTI TF フェルト
K-BTI TR ラバー
K-BTI TWL ウッド

ビーターをご注文の方はペダル(タマ、パール、ヤマハ、DW等)を指定して頂きますようお願い致します。



★ 義紘 (魔亜蛾麟)

A-1
今回、進化を遂げたチタンシャフト製・アルミ合金ヘッド ビーターがこの日本で産声を上げた。、オールチタンビーターよりもビーターヘッドの口径が若干大きくなる事でヘッドへの食い込み感・アタック・音量が増したという印象が特に強かった。

以前もコメントしたのだが、とにかく「金属製のビーター」を、重いとか、硬そうだとか、そんな先入観を全て取り去ってもらって構わないと思う。

このA-1も、ビーターエッジ(外側)には程好くカーブがかかっており、シャフトの先端も絶妙な角度で曲がっている為、バスドラム本体から奏でる事の可能な最大音量を一瞬で引き出す事ができ、F3500とオールチタンビーターの美味しい部分をどちらも兼ね備えたビーターだと思う。

太くてデカイ音が欲しければウレタンビーター、更にヘッドへの食い込み感・アタックが欲しければアルミビーター、フェルトの余韻を消したい・ウッド以下のアタックと綺麗な音の締まりが欲しければチタンビーターという、状況によって常にこちらの要望に応えてくれる最高の3兄弟。

選ぶこちらの気持ちも考えて欲しいくらい、その全てが魅力的で個性的なビーターを作り続ける事の出来るMADE IN JAPAN Kitano Drums を是非一度体感してみて欲しい。

F-1

他には類を見ないオールチタン製ビーターが遂に登場した。

多分、色んなドラマーが一度は頭の中で考えた事が有るだろう。ただ、単純に考えれることは「重すぎる」「硬くなりすぎる」では無いだろうか??

その在り来たりな構想を一瞬で跳ね除けてくれるビーターが現れたと思って良い。「ビックリ」なんて甘いもんじゃない。「・・・。」全てのドラマーが言葉を失うだけだ。

ウェイトは程好く、あくまでも軽すぎず重過ぎない作り。
チタンだからこそ、この第一関門をクリアできる。

次に、金属製(チタン)だからといって決して硬い音だけが出ることは無い。エッジの形状が通常よりも更に丸みを帯びている事が一番の要因だと思っている。

「ビーターのエッジ」と「シャフトの角度」って、思ってる以上に繊細なんだと分かる

・ウッドビーターでアタックを稼いでいたが、重量が難点だった(特にお勧め)

・フェルトビーターで余韻を求めていたが、余韻が残りすぎて困っていた

・フェルトの余韻を若干保ちつつ、ウッド以下のアタックが欲しかった

上記に1点でも当てはまる方、是非一度試してみて欲しい。バスドラムが永い眠りから叩き起こされた」様な究極の締まりサウンドが味わるだろう。

勿論、ウッドやフェルトの様なヘッドへの食い込みは無いので、足に負担を感じた場合は、通常より打面ヘッドのピッチを緩めると良いと思う。


F3500

究極の進化系ビーター登場!!

今までR-3500をメインに使用していたが、F-3500の登場により一瞬で浮気しました。。。いや、本気だな。
何年か前、本社を訪れた時にたまたま試作段階のF-3500を拝見した。「シャフトに角度を入れる」ちょっとしたことなのだが・・・
「新たな革命」が起きたと思った。北野製作所は何処まで行けば気が済むんだ!!!チタンは簡単?思うようには曲がらないのになあ・・・神だよまったく。
この微量=繊細な角度を付けることによって、ビーターの打面全体が100%ヘッドにクルティカルヒットする。ウレタンビーターの本質を120%最大限に生かせるんやないかと思う。

他社メーカーではビーターの角度のみを調整できるものもあるけれど・・・・・・相手にならない。ボルト固定されているだけだから、打てば打つほど緩んでくるからね。決められた角度に保てない。

バスドラムの足の長さでヒットする打面の角度が変わってくるから、どうしても気になる人は上部をほんの少しだけ粗めのペーパーで削ればよいと思う。
耳に残る輪郭が明らかに収縮されたレーザーガンのように変わるので、弦楽器隊も更にヴォリュームを上げれると思う。

「良い音は金で買えるんじゃない。Kitano Drumsで作るんだ。」といつも思っております。日本の誇りです。


★ SEIGO

チタンビーターKING



ドラムを本格的に叩き初めてから何度かビックリするような道具と出会ったけどコレ久しぶりに感動したよ。

ツインペダルが初めて市販されたから速攻使い始めて、DWも日本に入ってきたばかりの頃から使ってるいるけどあの頃並の衝撃もの凄いな!この製品・・・・・
ヘッドはDW純正ビーターとほぼ同じ75グラム。しかしシャフト重量はDW純正20グラムの約半分で10グラム。シャフトの質量が減るとヘッド速度が高まって衝撃力も高まる・・・つまり重低音炸裂なワケだが繊細な音も楽勝で出せる。

目一杯シャフトを伸ばして使っても、つま先で軽く踏むだけでスイスイ動くから追随性も抜群。思いっきり踏み込んでも、チタン特有のシナリで衝撃が吸収されるから足首やつま先に負担がかからない。
耐久性はチタンだから説明するまでもないよな。

正直ビックリした・・・こんな発想があるとは・・・コレ使うと他のビーターが使えなくなるぞ!!
価格対効果で言えば本当に損しない

百万回ペダルワーク練習するなら先ずコレ使ってみるべし!それで出来ないフレーズならコツコツ練習あるのみ・・・

ハードヒッターのみならずソフトなフレーズもコントロールが楽だから、マジオススメ一番認定・・・・・

久々の感動ドラムパーツだ!!!

★ ピエール中野 (凛として時雨)

チタンビーターKING

体感したことの無い初めての感触、吸い付くような踏み心地。適度な重さでコントロール性も抜群。見た目のインパクトも十分過ぎる。出音はアタックと胴鳴りのバランスが良く、マイク乗りも素晴らしい。特にツーバスをプレイするときに真価を発揮するように感じた。粒立ちが良く、これまでに無い爆発力を得ることが出来る。あまりに強烈なビーターなので、僕はツインペダルの左側に装着している。勿論、音楽性によっては両側に装着することをオススメする。まさに重低音炸裂だ。

★ YJ  (DOGBOMB, To Love Somebody)

Titanium Beater KING

To Love Somebody等のHIP HOP色の強いバンドのバックではKINGが最高に良い仕事をしてくれます。ビーターを変えるだけで音圧・アタックの力が2割増し!まさにビーター界の宮本武蔵!!

★ 義紘 (魔亜蛾麟)

一言で言うと「ライブに最適なビーターで、これ以上の物は存在しない。」
自身のバンドが爆音系のジャンルなので、今まではラバーやプラスチックのビーターを使用してきた。他の楽器に負けないアタックが欲しかったからだ。しかし、ビーター側の固い成分ばかりが耳に残り、バスドラムの胴鳴りやヘッドの特性はほとんど無視されたようなサウンドがいつも気がかりだった。だが、このビーターを使用するとどうだろう。
チタンシャフトなのでしなりがあり、ペダルが足に食いついてくるのはもちろんの事、このウレタンの特性を充分に発揮する事が出来る。一番の利点は、今までしんどかった高速2連や3連が勝手に楽になる事だと思う(笑)
「デチッ」と言うアタック音のほかにも、「ドンッ」と言うヘッドとシェルの特性までも支配してくれる。演奏する側にはアタック音が耳に残りやすいのは事実だが、マイクで録るとその差は一目瞭然だ。

これとは別に、チタン・フェルトビーターも使用しているが、場所や広さによって変更している。アタックがウレタンよりも劣るのはどうしても避けられないが、胴鳴りに関してはチタンとのコンビネーションで最強だと思う。
何から何まで最高のクオリティの北野製作所。もはや人間のなせる業の領域を超えている。


★ そうる 透氏

チタンビーターと出会ってあまりのスムーズさに、おどろきました。僕のドラマー人生において、ものすごい助っ人があらわれたっと言う感じです。チタンビーターありがとう



★ 長谷川 浩二氏

 ウレタンは固すぎず、柔らかすぎず、ビーターヘッドとしては理想的な素材、特にアタック感はウッドビーターとは違った感触があり、ベチベチ度は群を抜いている。また、ビーターシャフトをチタンシャフトにすることにより、足に伝わる衝撃が弱まり、足にとってはとてもやさしく、楽にペダルを踏むことが可能になる。
 
チタンビーターシャフトとウレタンヘッドにするだけで、強烈なアタック感と散らないバズーカ砲のようなローでバスドラサウンドは見違えるほど存在感を増す。


★ 柴山 匠氏

 ウッドだとアタック感は出しやすいが、アタックの後ついてくる低音が失われてしまいがち。しかしチタンビーターはアタックも得られ、しかも、バスドラム独特の地を這うような低音が必ず得られることが多い。
 通常の鉄製ビーターシャフトより、チタンビーターシャフトは”しなり”があることによって、ヘッドの振動を妨げることなく、あますところなく、
ャフト⇒ビーター⇒ヘッド⇒バスドラム本体をスムーズにロスすることなく振動させることが可能。



★ 村石 雅行氏

 シャフト部分に比重の軽いチタンを使用しているため、ヘッドに触れるビーター部分が、フェルト等に比べやや重くなっている。しかしビーター全体の質量は、従来のフェルトのものと変わらないため、踏み込んで重いという印象は全く感じられない。よって、ペダル全体のバランスをほとんど崩すことなく、遠心力、パンチ力を増強することが出来、よりシャープでパワフルなアクションとなる。
ビーターの材質も硬さに応じて3種類選択でき、今までフェルトタイプのビーターしか使った事のない人も、何の違和感もなく使用することが出来る。



★ 近藤 康太氏 (Re *)

チタンビーターが送られてきてすぐに試しました。自分はdwのツインペダルで左が若干弱いのでミディアムカーブとフラットをセットしています。
実際使ってみて、フエルト・ラバー・ウッドなどとは明らかに違う!まず踏み込んだときのレスポンス。自分はヘヴィロックでパワーも足数も要求されるのですがなんとチタンビーターなら、パワーを最大限に引き出し、それを失わずキックの連打が簡単にできてしまう!打面にヒットした時のアタックといったらこれ以上ないってくらいの重量感です。
チタンビーターは、ほかのどんな素材のビーターよりも最高のビーターですよ。一度でいいから試してみて下さい





★ 福岡県 <山本 賢一様> (SUBCULTURE)

チタンビーターの踏み心地は、アタックがかなり強いわりには足首にかかる負担や痛みは少なく、リバウンドの速さのわりには一発一発の打ちで親指の付け根がヌッと入りこむ感覚があります。そこにバスドラの反応の良さが重なるので、ダイナミクスの幅に関わらず丁寧な足捌きが出来ます。

★ 神奈川県 (I.S)様

早速スタジオで使って見ましたところ、自分のフットワークにすぐ馴染み、とても気持ちのいいプレイができました。

チタン特有のしなりを足で感じることができ、足への負担もかなり低減したかと思います。シャフト部がチタンでできているため、鉄製よりいい具合に遠心力が加わり、アタックが増したかと思われます。また耐久性も抜群で、今までの鉄製だと、複数回の使用でささくれてくるビーダーロック部分もほとんど磨り減ることなく、これから一生頼りになりそうなビーダーでした。北野さんのキャッチには嘘はないなと改めて実感した次第です。

音色面に関しましても、打面部も平らなウレタンでできていて、上記の効果もプラスされてなのか、従来に比べアタックがさらに増し、中低域〜超低域にかけてもとても自由に鳴ってくれていました。バスドラムが本来持つ素直な音が出せたと思います。正直バスドラムがここまで鳴るとは知らず、スタジオ一発目のセッションではその音自体に軽く酔ってしまいました(笑)

今週末のライブでは大活躍しそうで、今からとても楽しみにしています。
これからもKITANO made in Japan のご活躍を心から御祈り申し上げます。


(TOP PAGE)   (お問い合わせ)  (試奏)   (ご注文)